利用シーン

適切な導尿支援

アラームの設定により、尿意を喪失した方、 もしくは尿意が曖昧な方に対する適切な導尿タイミングや、排尿誘導の通知が可能になります。

留置カテの抜去

術後など、尿道留置バルーンカテー テルを行った場合に、その抜去後の適切なトイレ誘導と尿量モニタリングを行うことが可能となります。

膀胱機能評価のツールとして

オムツ装着者や、長期に尿道留置カテーテルを施行している患者さんなどに対する膀胱機能評価や、患者さん自ら膀胱内尿量 を認知することによる尿意の回復や、排尿自立を支援します。